ゴルフ肘、上腕骨内側上顆炎でお悩みの方へ

「なかなか痛みが改善しない」
「早くこの痛みをどうにかしてほしい」

痛みを改善し、早く明るい生活が送れる体へ。
広島市でゴルフ肘でお悩みのゴルファーの方は当院へご相談ください。

このような痛みでお悩みではありませんか?

  • スイングすると肘に痛みが出る
  • 肘が痛くて思い切りショットが打てない
  • サポーターをして痛みをごまかしている
  • スイング時の肘の痛みでショットが安定しない
  • 重たいものを持つと肘の内側に痛みが走る
  • 痛みをごまかしながらプレーしていたらじっとしていても痛みが出てきた
  • 病院や整骨院で治療をしているのになかなか治らない
  • マッサージやストレッチをしているのに良くならない
  • 湿布や塗り薬では治らない
  • 肘の痛みので思うようにプレーができない

もう一度思い切りゴルフを楽しんで頂くために全力でサポート致します。

ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)とは?

ゴルフ肘は正式には上腕骨内側上顆炎と言います。
肘の内側(上腕骨内側上顆)には沢山の筋肉が付着します。これらの筋肉は指や手首に力を入れる時に収縮するため、ゴルフスイングや重たいものを持つ時に上腕骨内側上顆が筋肉によって引っ張られて炎症を引き起こし、痛みが出てきます。
一度発症すると慢性化したり、再発しやすい特徴があります。

ゴルフ肘の原因とは?

ゴルフをされる方全員がゴルフ肘になるわけではありません。
痛みが出る方と出ない方の違いは何なのでしょうか?

身体の構造(骨、関節、内臓、血管、神経系)の問題により機能(スムーズに回転運動を起こせなくなる)が障害されて、肘の内側に無理な力が繰り返しかかることで発症すると考えられます。

一つの例として、例えば背骨(胸椎)の可動性が低下していたら背骨を軸として回転できなくなり、バックスイングからインパクト、フォロースルーにかけて体の軸がブレてしまいます。ブレ幅が大きければ大きいほどしっかりボールをミートできなくなりますので、しっかりとミートするために腕や手首の動きで微調整を行うことになります。その繰り返しにより肘の内側に負担が蓄積してきてゴルフ肘を発症してきます。

ご自身で背骨(胸椎)の可動性を確認する方法としては写真のように四つ這い姿勢を取り、体を回旋させます。

この時に左右差が顕著に見られたり、背骨の回旋を肘を引くことで行う方は、スイング時に肘内側に負担がかかると推察されます。


このようにゴルフ肘は負担が蓄積された結果として起こるため、患部周囲のケアでは痛みがなかなか改善しません。
なぜ痛みが起きたのか?をしっかりと検査分析して、その原因を改善しなければ痛みが慢性化してしまいます。

ゴルフ肘の一般的な治療

病院や整骨院などで治療を受けているのになかなか良くならない場合、患部のみに着目して痛みを引き起こしている原因に対して治療をしていない可能性があります。

病院での治療 整骨院や整体
・患部の安静
・超音波治療、電気治療、アイシング
・ストレッチ
・ゴルフ肘専用のサポーター
・痛み止めの服薬、注射
・筋膜リリース
・ストレッチ
・マッサージ
・筋トレ
・テーピング

ゴルフ肘に対する当院の施術

当院ではオステオパシーとエクササイズを併用してゴルフ肘による肘内側の痛みの根本治療を行うことで、痛みを改善していき、再発予防を目指します。

※当院の施術「オステオパシー」「発達運動学的エクササイズ」について詳しく知りたい方は、「当院の施術について」のページをご覧ください。

①体全体のバランスを整える

どこが原因で肘内側に過剰なストレスがかかっているのか、全身を検査してその原因を治療して体全体のバランスを整えます。

▽骨、関節のアンバランスを整える
・肘関節、手首、手指の可動性や前腕骨間膜の柔軟性を取り戻していき、肘周囲の筋肉や関節の問題をリセットして行きます。
・胸椎や股関節の可動性を引き出していき、スイング時に肘内側に負担がかからない機能を獲得していきます。
・内臓筋膜の可動性を引き出すことで、体幹筋に力が入りやすい身体環境を整えていきます。
・骨盤のゆがみを整えて、身体の回転軸を安定させていきます。

▽循環を改善させる
肘内側(上腕骨内側上顆)の炎症を改善するためには組織に栄養が行く必要があります。同時にリンパや静脈を介して老廃物が適切に廃液される必要があります。
血管の緊張や横隔膜、胸膜頂の機能不全により肘内側骨膜の循環が低下するために炎症が起こりやすい状態になります。血管やリンパに対する施術はオステオパシーの特徴といえます。

②運動パターンを修正する

体全体のバランスを整えた後、運動発達理論に基づいたエクササイズを行います。

▽軸をブラさずに回転運動を行う
人の動きは回転運動と前進運動の組み合わせです。ゴルフにおいては回転運動を主とした動きであるため、股関節と背骨を軸とした回転運動を獲得することでスイング時に肘内側に負担がかからない身体機能を獲得していきます。
具体的には寝返りのパターンを用いて体の機能に応じてさまざまな負荷を加えていきます。

このように根本的な原因を見つけて治療を進めながら、エクササイズを行っていくことで痛みを改善していくことができ、更に体の軸が安定した状態で回転運動が可能になるため、怪我の予防からパフォーマンスアップまで期待できます。

詳細な検査、評価に基づいてお一人お一人の体の状態に合わせた施術を行っていきます。もちろん目的やスポーツ内容を考慮して治療して行きます。

おわりに

あなたがゴルフ肘の痛みに悩まされて思い通りにスポーツができない場合、当院がお力になれるはずです。

施術を通して、あなたのお悩みを解消し、身体と心の健康を取り戻すために全力で治療、サポートしていきます。

畑 博之

090-9501-6706
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP