五十肩(肩関節周囲炎)でお悩みの方へ

「早くこの痛みをどうにかしてほしい」
「痛みがどんどん強くなってきている」

痛みを改善し、早く明るい生活が送れる体へ。
広島市で五十肩、四十肩の治療をお探しなら、当院へご相談ください。

このような肩の痛み、症状でお悩みではありませんか?

  • 肩が痛くて動かせない
  • じっとしていてもズキズキした痛みがある
  • 鋭い痛みが引いてきたと思ったら肩が上がらなくなった
  • 関節の動きが制限されており、日常生活に支障が出ている
  • 痛み止めを飲まないと耐えられない
  • 反対の肩も五十肩になったことがあり治るまで時間がかかった
  • 病院や整骨院に通っているのに改善しない
  • 肩の痛みで夜ぐっすりと寝られない
  • 湿布や塗り薬では治らない

このような症状でお悩みの方に当院の施術は喜ばれています。

五十肩、四十肩とは?

正式には「肩関節周囲炎」という疾患名で40~60代に発症することが多いとされています。肩の痛みとともに肩の動きが制限されることで日常生活を送るのも辛くなる疾患です。

五十肩には三つの病期が存在します。
➀急性、炎症期
痛みがとても強く、肩を上げる際はもちろん少し腕を動かしただけでもズキンと痛く、夜間時にも痛みが生じて大変辛い時期です。
➁拘縮期
強い痛みから鈍い痛みへと変わり、肩が上がりにくくなるなど可動域が徐々に狭くなってきます。
➂回復期
痛みがほとんどなくなり、肩の可動域が徐々に改善してきて少しずつ腕が動かせるようになります。

一般的にはこの三つの段階を経て半年から二年程度で症状が改善して行くと言われています。

現代医学では五十肩の原因は完全には解明されていませんが、一般的には加齢による血行不良や肩関節や肩甲骨周囲組織の緊張が原因とされています。
しかしもし加齢が原因であればなぜ70代、80代の方に好発するのではなく40~60代の方に多いのでしょうか?

それは必ずしも加齢=四十肩、五十肩ではなく、血行不良や肩関節、肩甲骨の周りに緊張が起こる原因が体のどこかにあるからです。

なぜ五十肩の痛みが治らないの?

肩関節は他の関節と異なり、前後、横、捻りと多方向に大きく関節を動かせる構造になっています。そのため肩をスムーズに動かすためには肩関節や肩甲骨の動きだけでなく、肋骨や背骨、肺を包む胸膜などの動きが確保される必要があります。

もしも肋骨や背骨の動きが悪くなっていると(交感神経やホルモンの影響を強く受けるため硬くなりやすいところです)肩に負担が集中していくため、徐々に肩関節や肩甲骨周囲の組織が緊張し、結果として炎症を引き起こして痛みが出てきます。

そのため肩が痛くなる原因を見つけずに、ただ肩や肩甲骨周囲のマッサージやストレッチをするだけでは天井から雨漏りして濡れている床を拭くようなもので症状自体はなかなか改善しません。

つまり五十肩の痛みを改善するためには肩関節に負担をかけている原因を詳細な検査をして見つけ出し、病期に応じて適切なアプローチをして行く必要があります。

五十肩の一般的な治療

病院での治療 整骨院や整体
・肩関節の可動域訓練
・電気治療や温熱療法
・ストレッチ
・注射や痛み止めの服用
・筋膜リリース
・ストレッチ
・マッサージ
・運動指導

治療を受けているのになかなか良くならない場合、それは病期を考慮した上で痛みを引き起こしている原因に対して治療をしていない可能性があります。

五十肩に対する当院の施術

当院ではオステオパシーの技術で肩関節の痛みの根本治療を行うことで、痛みや可動域の改善、再発予防を目指します。

※当院の施術「オステオパシー」について詳しく知りたい方は、「当院の施術について」のページをご覧ください。

▽詳細な検査を基に肩関節に負担を与えている原因を見つけ、病期に応じた施術を行っていきます。

早く痛みから解放されるためには、症状の原因を見つけること、現在三つの病期のどの時期に当たるのかという病態把握が最も大切です。

というのも体の状態や病期の時期に応じて取るべき対策が異なるからです。

➀急性、炎症期
この時期はいわば「傷口から出血している状態」ですので患部の安静が原則です。ただこの時期に適切な対処をすることが早期に痛みから抜け出すためには非常に大切となります。
具体的には体の状態を把握した上で交感神経と副交感神経のバランスを整えること、リンパの流れを改善すること、一次呼吸という頭蓋骨~仙骨までの動きを改善することで組織の自己治癒の過程を最大限に引き上げていきます。
上記部分の機能を正常化することで早期に痛みから解放されます。

➁拘縮期
この時期は傷口で言うと「かさぶた」ができている状態ですので無理に肩関節を動かすとまた炎症期に逆戻りする可能性があります。
具体的には体の状態に応じて肩関節内の循環を促すこと、胸椎、肋骨の可動性を引き出すこと、胸郭内臓の柔軟性を高めること、肩関節に向かう神経やホルモンに働きかけることで肩関節の組織の質を変えて行くことが大切になります。

➂回復期
傷口でいうと「かさぶたがはげて新しい皮膚が出来てきた」状態で痛みはほとんどなくなってきます。この時期では可動域を引き出すために積極的に肩関節や肩甲骨を動かしていきます。また同時に少しずつ肩関節と体幹を連動させるエクササイズも行っていきます。

当院ではこのように肩関節に負担のかかる原因を見つけて行き、病期に応じた治療を丁寧に行っていきます。

そうすることで早期に痛みや可動域を改善していくことができ、更に他の関節もスムーズに動かせるようになるため再発の予防も期待できます。

施術はお一人お一人の体の状態に合わせることはもちろん、目的や日常での活動、お仕事やスポーツ内容を考慮して治療して行きます。痛みのないソフトな治療法ですので、安心して施術をお受け頂けます。

おわりに

あなたが五十肩による肩の痛みに悩まされており、明るい生活を送ることや思い通りにスポーツができない場合、当院がお力になれるはずです。

施術を通して、あなたのお悩みを解消し、身体と心の健康を取り戻すために全力で治療、サポートしていきます。

畑 博之

090-9501-6706
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP