足の痛みやしびれでお悩みの方へ

「早くこの痛み、しびれをどうにかして欲しい」
「治療しているのになかなか良くならない」

痛み、しびれを改善し、早く明るい生活を送れる体へ。
広島市で足の痛み、しびれでお困りなら、当院へご相談ください。

このような足の痛み、しびれでお悩みではありませんか?

  • 太ももの外側から足背にかけて痛みやしびれがある
  • お尻から足先までしびれている
  • 同じ姿勢を取ると足が痛くなる
  • 太ももがしびれていて重だるい
  • 歩いていると段々太ももからふくらはぎの外側が痛くなる
  • 足の痛みやしびれが怖くてスポーツができない
  • 薬に頼らずに治したい
  • マッサージしてもしびれが改善しない
  • 病院や整骨院に通っているのに一向に良くならない
  • 腰椎椎間板ヘルニアと診断されている
  • 湿布や塗り薬では治らない

当院の施術はこのような足の痛みやしびれの症状でお悩みの方にお勧めできる施術です。

足の痛みやしびれの原因とは?

足の痛みやしびれは、腰から足に向かう神経が腰椎のところで圧迫を受けていたり、お尻の深い部分での神経の通り道である空間が狭くなることで神経の血流が悪くなることで起こります。またトリガーポイントと言って筋肉の硬さが原因で痛みやしびれが足に放散する場合もあります。

足の痛みやしびれがある場合、病院ではレントゲンやMRI検査などにより以下の診断が下されること多くあります。
・腰椎椎間板ヘルニア
・変形性脊椎症
・腰部脊柱管狭窄症
・坐骨神経痛
・腰椎すべり症
・腰椎分離症

ただ腰椎のヘルニアや変形があっても足の痛みやしびれがない方も多くいらっしゃいます。反対にヘルニアや変形が軽度な方であっても症状を強く訴える方も多くいらっしゃいます。

つまり腰椎で神経が圧迫されていることだけが問題なのではなく、他の要因と相まって足の痛みやしびれが出ています。

ではどのような要因が考えられるのでしょうか?

・脊柱の捻じれ
・腰椎のねじれ
・腰椎の生理的な可動範囲の乱れ
・骨盤のゆがみ
・股関節の可動域制限
・大腰筋の緊張
・梨状筋の硬化による坐骨神経の圧迫
・腰から足に伸びる神経に沿った筋膜の柔軟性の低下
・神経を包む硬膜の緊張
・腎臓の下垂、固着
・盲腸、S状結腸の固着
・生殖器官の固着
・体幹インナーマッスルの機能低下

これらの要因によって腰から足に伸びる神経の血流が悪くなるために痛みやしびれが発生する可能性があります。

足の痛みやしびれの一般的な治療

病院や整骨院などで治療を受けているのになかなか良くならない場合、腰椎や殿部にのみ着目して痛みやしびれを引き起こしている原因に対して治療をしていない可能性があります。

病院での治療 整骨院や整体
・温熱療法や電気治療
・牽引治療
・ストレッチ
・痛み止めの内服、点滴
・筋膜リリース
・腰部やお尻り周りのマッサージ
・歪みの矯正(骨をボキボキ)

足の痛みやしびれに対する当院の施術

当院ではオステオパシーとエクササイズを併用して腰から足に伸びている神経に負担をかけている原因を取り除くことで、痛みやしびれを改善していき、再発予防を目指します。

※当院の施術「オステオパシー」「発達運動学的エクササイズ」について詳しく知りたい方は、「当院の施術について」のページをご覧ください。

①腰椎から足に向かっている神経に負担を与えている原因に対して治療

足の痛みやしびれを引き起こしている原因を見つけるために、全身を検査・評価してオステオパシーの技術で体全体のバランスを整えます。

▽股関節、骨盤、腰椎の調整
骨盤の上に腰椎は乗っている状態ですので、骨盤がゆがむと腰椎もねじれてしまいます。また腰椎は5つの腰骨で構成されていますが、神経の負担を軽減するためには1つ1つの関節がバランスよく可動する必要があります。

▽内臓筋膜の調整
私たちは呼吸によって生命を維持していますが、横隔膜が上下に動くことで空気の出し入れを行っています。そして横隔膜の上下運動によって内臓も動いています(呼吸によって全ての内臓が動くことで内臓の健康は保たれています)。
例えば腎臓は呼吸によって約3センチも上下に可動しています。もしも横隔膜の機能低下や骨盤のねじれ、急激なダイエットなどによって腎臓が下垂してしまうと腰から足に向かう大腿神経が腎臓によって圧迫を受けることになり、足の痛みやしびれが誘発されてしまいます。
その他、盲腸やS状結腸、生殖器は筋膜や靭帯を介して骨盤に付着してるため、それらが骨盤のゆがみの原因となっている場合もあります。
このように解剖学的な根拠を基に内臓筋膜の状態をチェックし、問題があれば調整していきます。内臓の調整はオステオパシーの特徴といえます。

▽神経を包む筋膜の調整
神経は硬膜という膜で覆われています。この硬膜の硬さや腰から足に伸びる神経に沿った筋膜の柔軟性の低下によって神経の炎症が引き起こされやすい状態になりますので、問題があれば調整していきます。

②運動パターンを修正する

足の動きに対して腰、体幹が安定していなければ、動く度に腰椎に負担が蓄積されていきます。結果として腰椎の変形や腰椎から下半身に向かう神経の炎症を引き起こしてしまいます。
体幹や腰椎の深層筋と表層筋の筋肉のアンバランスや上下肢と体幹の神経伝達を再構築するための特殊なエクササイズを行っていき、神経に対して負担のかかる動きのパターンを修正していきます。

このように根本的な原因を見つけて治療を進めながら、エクササイズを行っていきます。そうすることで痛み、しびれを改善していくことができ、更に関節をしなやかに動かせるようになるため再発の予防にもつながります。

施術はお一人お一人の体の状態に合わせることはもちろん、目的や日常生活での活動、スポーツ内容を考慮して治療して行きます。痛みのないソフトな治療法ですので、小さいお子様からご年配の方まで安心して施術をお受け頂けます。

おわりに

あなたが足の痛みやしびれに悩まされており、明るい生活を送ることや思い通りにスポーツができない場合、当院がお力になれるはずです。

施術を通して、あなたのお悩みを解消し、身体と心の健康を取り戻すために全力で治療、サポートしていきます。

畑 博之

090-9501-6706
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP